蜑阪∈
谺。縺ク

労働相談で適切になる相談先とは

人間は働いて収入を得ることで生活を維持することができるようになっていて、日本では会社や団体に所属して収入を確保している給与所得者が全労働者の八割以上と高くなっています。
会社というのは複数の社員が存在していて、事業を継続する中で構築された社風などによって、そこで働くことに苦痛を感じる場合があります。
労働を行っている環境で不具合を生じた場合に解決を求めて第三者に話を持ち込むのが労働相談であり、現在は各種のハラスメントが問題化しているので広く認識されています。
相談先で多いのは所属している会社などが設置している専門機関や上司などですが、外部でも法律の関係者などが相談できる場所を提供しているので、自分の状況などから判断して最適なところを選ぶようにしてください。
労働相談を上司や会社が設置している機関に相談するのに消極的であれば、完全な第三者機関になる民間や、自治体や公的機関などに相談するという方法もあります。
ただし社外の期間に労働相談をすると、助言やアドバイスだけで実際は自分が動いて解決しなければいけないケースが多くなっています。
労働相談はプライベートに関係する内容になるとどこに相談すればいいのか判断が難しくなりますが、自分にとって最適なところを選択して行動しなければ納得した解決は難しくなってしまうでしょう。

Page Top