蜑阪∈
谺。縺ク

労働相談や法律について

労働相談では、リストラや雇用の調節での安定しない雇用の在り方が原因しての問題に対応するためのものです。
働く人の多くに、人員の削減であったり、労働条件の悪さや退職の強要、賃金を払ってもらえないなどというような問題が起こっています。
労働弁護団という団体でも、そのような悩みに対応するためのサービスが設けられました。
倒産やリストラに関した相談を電話で行うサービスも始められたのだと言います。
しかし、このようなサービスは、日常的なサービスを行っているものと不定期にサービスを行っているものがあります。
労働相談では、弁護士がいる事務所を利用した面接での相談を希望する場合が出てくることがあるでしょう。
ですが、弁護士を必要とする相談では、有料となることがあります。
このような相談では、担当になる弁護士により、金額は変わってくるのだそうです。
女性の弁護士が行う相談サービスも存在するようです。
このようなサービスは、毎月2回程度行われることがあるでしょう。

Page Top