蜑阪∈
谺。縺ク

労働相談をする時の準備

労働相談をしたいと考えているということは、今、何かに悩んでいることと思います。
会社や職場での人間関係や労働条件に関することなど、多岐に渡るでしょう。
また、個々人の置かれている状況によって、同じテーマであっても、違いはあります。
社会保険労務士等の有資格者であったとしても、短い時間で瞬時に状況を正確に把握することは難しいものです。
従いまして、相談をする際には準備があったほうが、より良い相談結果が出てくるのではないでしょうか。
労働相談を行う前の準備としては、「職場全体の様子(相関図や事業内容)」「悩んでいる課題の推移」がわかると話が始まりやすいです。
「職場全体の様子(相関図や事業内容)」は、どんな人間関係で構築されている職場なのか、各人はどんな業務に携わっているのかを示すものです。
会社概要に近い内容かもしれません。
「悩んでいる課題の推移」は、課題がどのように発生し、どのような変遷を経て、現在に至っているのかを、登場人物を交えて整理しておくことです。
これらがあるとスムーズに話が進むと思われます。
また、主観的な視点と客観的な視点を併せ持つことで、より課題が浮き彫りになってきます。
課題は明確にすればするほど、今後の方策や対策が検討しやすくなります。
労働相談は建設的な意見交換を経て、良い環境をつくるための第一歩です。
詳細な情報があれば、着実に解決に向かっていくと考えられます。

Page Top